読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナン君の爆走列伝(仮)

気分屋が気分で書く日記です。多分いろいろ書きます。

2016.8.20 シマノ鈴鹿 チームTT5位

前日の深夜に大学へ集合して

部員とみんなで大学へ出発。

なんで深夜かというと

少しでもハイエースのレンタカー代を

ケチるために日付が越えてから借りる。

 

2時半に鈴鹿サーキットへ到着し

テント設営やらなんやらして

2時間ねて、5時すぎに起床し

朝食を食べていざ、鈴鹿サーキットへ。

 

ぴよぴよ隊で試走をしよう!という

ことだったので急いで向かう。

チームオフィスを初めて使ったが

クーラー、トイレ、冷蔵庫設備で

快適すぎて、ハンパなかった。

 

試走でもポールさんが

長く牽いてくれて、有り難や。

シケイン登りきったところからの

加速で付ききれないというのが

課題として出たので、加速のときも

しっかり声掛けしていこう!となる。

 

そして、各自アップをして本番へ。

ちなみにポールさんはその前の

個人TTの予選で2番手だった(*゚∀゚)

 

スタートしてから

ピーターさんのクリート

うまくはまらなかったので待って加速。

 

 

とりあえずスプーンの

登りまでポールさんが牽くことになるが

この時点で、すでにピーターさんと

カーリーさんの息がアップアップだった。

自分もなかなかきてはいたが

気持ち的にまだ余裕があった。

 

ローテが一巡してから

ポールさんが向かい風の中を

ずっと牽き続けてくれたので

僕は回復することができたが

2人は付いくので精一杯だったらしい。

 

ホームストレートで

先頭交代して加速しようとしたが

危うく千切りかけてしまった。

追い越しのときもだが

チーム内での声掛けは大切だね。

 

 

シケインの登りで

ポールさんに交代したが

ここでカーリーさんが千切れてしまい

3人で行くことになる。

残念ではあったが仕方ないのか…。

 

 

そして、シケインから

S字抜けるまでポールさんの一本牽き(゜゜)

向かい風の中、ホントに助かりました。

そして、最後のスプリントへ行き

暫定3位で、順位確定で5位入賞に。

 

 

鈴鹿はホントに走るのが楽しいし

チームとして、こーやって

走れたのは幸せなことだと感じた。

 

だからこそ、もっと練習しておけばよかったと

もっとポジションを早く決めたかったと

もっと体幹トレーニングしておけばよかったと

 

ただ、鷹組の若者4人で

このチームTTに出れたことは

ホントに光栄なことだと思ってます。

 

次はポールさんが

Aチームで走るだろうから

4人で組むことはないだろうけど

またいつか、ポールさんに追いついて

ポールさんの足を引っ張らないような

チームTTがしたいです!!

 

 

個人TT決勝をポールさんが

控えていたのと、カーリーさんを

切り離してしまったの入賞だったので

4人で写真を撮れなかったのが

1番の心残りですな(+_+)

 

お疲れ様でした。

そして、ありがとうございました!

 

 

そして、そして、、、

ポールさん、個人TT優勝

おめでとうございます!!

伝説が始まるなぁ…。
f:id:ssevo6:20160821195815j:image